2015年田植え

1
天空農園から宇宙ステーションへ

6月1日、大阪府立大学より平井博士が来社されました。
平井博士は、「宇宙における簡易イネ栽培装置」の開発をされています。
この装置で、栽培に最適なコンパクトなイネ"小僧の栖(すみか)"を作り、品種登録をされました。
将来、国際宇宙ステーション"きぼう"で発芽から収穫までを行うことを目標にされています。
宇宙に一番近づけるところとして、農園長に栽培の依頼がありました。
白鶴天空農園で宇宙への第一歩・・・素敵ですね

そして、農園長の慣れた手つきで"小僧の栖"を田植えをしました
s-s-HTF_5102(小僧).jpg
今回は、5つのプランターに
s-s-HTF_5110(小僧).jpgs-s-HTF_5112(小僧).jpg
草丈は、収穫時でも17cmとコンパクト
これからどのように成長するのか楽しみです

そして6月5日
翌日に田植えの日を迎えたこの日は、田植えの準備の為、田んぼに水を張りました。
s-s-HTF_5179(準備).jpg
水を含んだ土をならすのは、重労働
炎天下の中、農園長一人ですべての土をならしました
お疲れさまです
s-s-HTF_5193(準備).jpg 

そして迎えた田植え当日
6月6日、110名とたくさんの方が来てくださいました
屋上がこの通りぎゅうぎゅうです
s-s-2015.6.6 276(田植え).jpg
大人も子どもも楽しく田植えができました
s-s-2015.6.6 292(田植え).jpgs-s-2015.6.6 298(田植え).jpg
みなさんに植えて頂いた苗は、農園長にバトンタッチ
農園長が丹精込めて育てて参ります
秋の収穫までに、たくさんのお米が実りますように・・・

関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM