「越前水仙」の摘みとり

0
    東京1月ビル 
    空気は冷たいですが、きれいな青空が空いっぱいに広がって、天空農園も明るい陽射しに包まれています晴れ 
    皆さま、昨年11月に球根の植付けをした「越前水仙」を覚えていますか?
    (植付けの様子はこちら)
     
    24日、そのプロジェクト第2弾として、福井市の企業管理者の西行様をはじめとする関係者の方々にお集まりいただき「越前水仙」の摘みとりが行われました手 
     
    見た目は小さな花ですが、甘い香りがとても強く感じられます水仙 水仙 水仙 

    いいにおい〜いい 
    ブログから、この香りも一緒に届けられたらいいのになと思いますあ 

     
    摘みとり後には、福井県の焼き鯖寿司やへしこなどの郷土料理を白鶴のお酒とともにいただきました寿司 お酒 

     
    まだまだ寒い日が続きそうですが、冬に花を咲かせる「越前水仙」に負けないよう、私達も元気に頑張りましょう力 

    謹賀新年

    0

      あけましておめでとうございます

      昨年は、「白鶴銀座天空農園ブログ」を応援いただき本当にありがとうございました

      今年も皆様に楽しんでいただけるよう頑張ってまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします
       

      さっそく2015年、最初の屋上の様子は・・・

      「しいたけ」しいたけ
      s-HTF_3935.jpg
      高知県本山町の特産「原木しいたけ」です。
      2年半前に菌を植え込み、初めてできました!
      瑞々しくて美味しいそうですぺろり

      数々の伝統野菜野菜達の成長ぶりはどうでしょうか記号


      まずは12月に植えた 福井県勝山市の「勝山水菜」
      s-HTF_3940.jpg

      続いて11月に植えた「三池高菜」
      s-HTF_3946.jpg

      そしてこちらは福井県の伝統野菜の赤カブ。

      大野市の「穴馬かぶら」と敦賀市の「杉箸アカカンバ」
      s-HTF_3943.jpg

      昨年12月に間引きした 江戸東京伝統野菜「志村みの早生大根」
      s-HTF_3938.jpg

      みんな寒い冬でもこんなにちゃんと成長していますうるうる

      そして、農園長が新たに「志村みの早生大根」の種も植えました大根
      s-HTF_3947.jpg
      1〜2か月で収穫できるという事ですのでお楽しみに喜ぶ

      最後になりましたが、昨年9月にお嫁入りしてきた『おくみどり』
      お茶の木の様子です。
      s-HTF_3949.jpg
      寒さに弱いという事で、農園長がもみ殻を敷いてくれています。
      おかげでかわいい花がちゃんと咲いています
      6月のお茶摘みが待ち遠しいですね


      江戸東京伝統野菜の収穫について

      0
        寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか
        今日の天空農園は晴天です

        s-1 010.jpg

        そんな中、農園長と江戸東京伝統野菜の「志村みの早生大根」を収穫しました

        s-1 013.jpg

        s-1 017.jpg

        樽に植えた「志村みの早生大根」は、この大きさに成長しました
        残りは、間引きしてもう少し育てます

        s-1 019.jpg

        間引きした小さな大根と葉もおいしくいただきます
        葉も、塩揉みして一晩置くだけでおいしくいただけるそうです

        また、11月13日に植えた福井市の「越前水仙」は、1ヶ月でここまで成長しました
        1月下旬の収穫まで大きく育ちますように・・・
        s-1 002.jpg

        そして、今年も残すところあと5日
        今年のブログも最後となりました
        ご協力いただいた皆様、本年もありがとうございました。
        来年もまた、たくさんの収穫を目指し頑張ってまいります
        良いお年を・・・

        白鶴錦穀物検査と勝山水菜

        0
          全国各地から流れてくる大雪のニュースに心が痛みます
          ここ、天空農園も、寒さがこたえる季節になりました


          さて、今年も11/27(木)に八王子パールライスにて、屋上で収穫された白鶴錦の穀物検査を受けて来ました


          米のハリ・粒の大きさ・心白の発現率などから審査されます
          今年は天候不順が続いたため、収穫量が昨年の約10%も減ってしまうなど、出来も思った通りには行かず、小田農園長も心配が絶えなかったようですが、見事、3年連続の二等米を採ることが出来ました



          もともと農地ではない天空農園では、一等米は出来ないため、二等米は最高ランクとなるのです
          『兵庫県で栽培している白鶴錦に品質が近づいている!』と、嬉しいお言葉をいただいたそうですよ
          小田農園長にとって、最高の褒め言葉ですね


          日は変わり12/5(金)、福井県の方々による勝山水菜の苗の定植が行われました


          さすが、恐竜王国福井
          サウタン・ティッチー・ラプトの3恐竜も、木の上から見守っています


          昨年同様、無事、美味しい水菜が育ちますように
          3月の収穫祭が楽しみです

          定植の後は、福井県の方々による郷土料理が振る舞われました

          舞茸炊き込みごはんのおにぎりと、のっぺい汁


          北風が身に染みる中、出来立てののっぺい汁はとても体が温まりました

          たくさんの方々にご参加いただき、にぎやかな定植会となり今年のイベントを終えました


          年末、何かとせわしない時期ですが、体調管理は万全にお過ごしくださいね


          畑のサファイア

          0

            11/17(月)太陽
            この日はJA南彩・生産者の皆様と共に、埼玉の伝統野菜「くわい(慈姑)」の収穫を行いました
            今回はその様子をお伝えしたいと思いますえんぴつ顔
            (苗植えの様子はコチラ)


            まずは「くわい」の大きな葉を刈っていきます葉
            s-採用HTF_3571.jpg

            次に、葉の下にある根を引っ張り出します手ビックリ
            s-採用HTF_3578.jpg

            すると・・・
            s-採用HTF_3618.jpg
            「くわい」の実が出てきました〜

            s-採用HTF_3620.jpg
            水で洗ってみると綺麗な青色が見えてきました
            この鮮やかな青色が特長の「くわい」は「畑のサファイア」と呼ばれているそうです宝石

            s-採用HTF_3631.jpg
            こんなに収穫できました


            そして、採れたての「くわい」を早速いただける事にハート目



            s-採用HTF_3640.jpg
            まずは「くわい」を揚げて・・・

            s-採用HTF_3647.jpg
            「くわいの素揚げ」です
            塩をかけていただきますフォークハート


            「おいしいぃぃーーー!!!」


            揚げたての「くわい」はえぐみが無く、ほくほくしていて本当においしかったです
            ハート目
            おいし過ぎて手が止まらず、軽く15個くらいいただきました(笑)ハート


            s-採用HTF_3655.jpg
            次は「くわい」を薄くスライスしてから揚げて・・・

            s-採用HTF_3651.jpg
            「くわいチップス」です
            こちらも塩をかけていただきますフォーク


            「もう、おいしさが止まらない!!!」


            こちらはサクっとおいしくて、いくらでも食べられます〜〜〜

            私自身、揚げた「くわい」を食べるのは初めてだったのですが、予想を何倍も上回るおいしさでした感動ハート
            今後、好きな食べ物を聞かれたら「くわい!!」と答えたいと思います顔ハート
            「くわいの素揚げ」と「くわいチップス」、すごくオススメです


            「越前水仙」の植えつけと「もとやま生姜」の収穫

            0
              本格的に風が冷たくなってきました風
              13日、「越前水仙 in 白鶴銀座天空農園プロジェクト2014〜空に一番近い水仙畑が出現〜」と題しまして、白鶴銀座天空農園の稲刈り後の空きスペースにて水仙の植えつけイベントが行われました水仙


              ここ「銀座」で福井県福井市特産の「越前水仙」を球根から育てる初の試みですヤッタv


              まずは福井市長からあいさつ。


              福井市のゆるキャラ「朝倉ゆめまる」くんも登場しました
              顔


              銀座近郊で店舗を経営されている方を対象にオーナーを募り、20名ほどの関係者の方が参加され、小田農園長、福井市長とともに球根の植えつけが行われました
              たまねぎ



              植えつけられたのは、直植え1,200個とポット植え200個。
              ポットで開花した越前水仙は各店舗にて飾られるそうです
              ポット


              花が咲くのは来年1月下旬ころの予定
              きらきら
              可憐に咲く小さな花は見た目も可愛いですが、香りがとても強く、甘い香りに癒されますハート
              一面に咲き誇るのが今から楽しみです♪


              次の日、14日には高知県本山町の「もとやま生姜」の収穫が行われましたしょうが


              こんなに立派な生姜に育ちました
              !!


              最後に、屋上のビニールハウスで真っ赤なトマトを発見
              トマトき
              はちべえトマトの記念すべき今シーズン第一号です1ゆう★

               

              稲の脱穀作業

              0

                朝晩は上着やコートが必要になってきました

                さて、11/5(水)に天日で自然乾燥した稲の脱穀を行いました


                足踏み脱穀機を使って籾を取り出します


                取りきれなかったところは手作業で摘み取りました
                見落とさないように気をつけました


                ふるいにかけて籾と藁くずなどを仕分けているところです


                慣れた手つきで作業が進みますが、それでも大人4人で3時間ほどかかってしまいました
                おつかれさまでした

                脱穀作業の合い間に高菜を見に行きました。
                種まきから2週間位で小さい芽がたくさん出ていました

                活き活きとしてますね
                これからの生長が楽しみです


                松山ライム

                2

                連日の投稿になりますが、天空農園も実りの秋を迎えイベントが続いています。
                世間はハロウィンで賑わう10/31(金)、天空農園では松山ライムの収穫が行われました。



                日本で流通するライムの大多数はメキシコ産だそうで、柑橘類の栽培が盛んな松山市では国産ライムの普及を目指し栽培を開始したそうです。
                国産ライムは輸入物に比べると小ぶりで、収穫後比較的短い期間で消費者の手元に届くので、フレッシュな香りを存分に楽しめることが魅力とのこと。





                収穫直後のライムは本当にすがすがしい香りを纏っていました。
                収穫後は屋内でお酒とライムを堪能!



                ライムのパルフェ。
                ちなみにパルフェとは「生クリームをベースに作った軽いアイスクリーム」のことらしいです。



                こちらは銀座 千疋屋様お手製ライムシャーベット入りのライムソーダ。
                ライムの爽やかな香りを存分に楽しめるドリンクです。



                その他、日本酒とライムを合わせたサムライロックやライム果汁入りのポン酢などライム尽くしのテーブルの上はライムの香りでいっぱいです

                松山市の皆様、ご協力いただきました皆様のおかげで素敵な時間を過ごすことができました。
                ありがとうございます。
                10月も終わり、いよいよ今年もあと2か月となりましたね。
                気温もぐっと下がり、慌ただしい季節となりますが皆様ご自愛ください。


                2014年稲刈

                0
                  だんだんと涼しくなってきた今日この頃。
                  天空農園の稲穂も黄金色に育ちました

                  s-s-DSC_0439.jpg

                  s-s-DSC_0457.jpg

                  そして10月26日(日)には、毎年恒例の稲刈りを行いました。

                  s-s-DSC_0451.jpg

                  総勢100名の方々にお越しいただきました

                  s-s-DSC_0488.jpg

                  毎年お越しいただいている方は、もう手慣れた様子で刈っていらっしゃいました


                  s-s-DSC_0493.jpg

                  刈った稲は、このように干して乾燥させます
                  最後は、ご参加いただいたみなさんと記念撮影
                  今年もおいしいお酒になりますように・・・

                  s-s-DSC_0514.jpg




                  そして、10月28日(火)には、京橋築地小学校の生徒さん63名が稲刈りに来てくれました。

                  s-s-DSC_0631.jpg

                  みんな上手に刈れていました。
                  この日は、生徒さんの元気な声に、とても元気を頂きました。
                  このお米でおにぎりを作るのが楽しみですね

                  賑わう秋の天空農園

                  0
                    季節はすっかり秋へと変化し、過ごしやすい季節になりました
                    しばらく更新が滞っていましたが、その間にいくつかのイベントが行われましたので、一気にご紹介します

                    9月15日、大分県竹田市のカボス収穫祭を行いました
                    今年もグリーンが鮮やかな『カボたん』登場
                    天空農園では、すっかりおなじみのキャラクターです


                    収穫の後は、みなさんお待ちかねの食味会
                    バーテンダーさんより、カボスを使った日本酒カクテルが振る舞われました


                    気仙沼から届いた200匹の秋刀魚には、採れたてフレッシュなカボスをたっぷり搾って


                    大分郷土料理も味わいました


                    秋の味覚をたっぷり味わった1日でした


                    日は変わり、8月に引き続き、再びかわいいおきゃくさまが遊びに来てくれました
                    この日は日差しの強い暑い日でしたが、今日も元気いっぱい


                    素敵なサプライズプレゼントを持ってきてくださいました
                    園児さんトレードマークのオレンジの帽子と同じ色のお洋服を着た、かかしさんです


                    とってもかわいい
                    なんと、園児さんと先生の共同制作だそうですよ


                    雨に濡れたりしないように、大切にしますね
                    どうもありがとうございます


                    9月22日には、神奈川県秦野市で初めてお茶の栽培をした『高梨茶園』から届いた、『おくみどり』の苗を定植しました
                    日本茶離れが進む現状を懸念し、「日本茶をもっと身近に!そして世界に!」を発信するプロジェクト。
                    『おくみどり』の『お嫁入り』と称し、秦野市の茶畑から、ここ天空農園にやってきました



                    お嫁入りの後は、日本酒と高梨茶園自慢のお茶で乾杯


                    色々な種類のお茶をいただきました
                    1煎目、2煎目の味の違いを感じたり、日本茶は大好きで良く飲みますが、こんなに深く味わったのは初めてかもしれません


                    茶葉の釜炒りも見せていただきました


                    静岡県の無形文化財に指定されている『手もみ茶』


                    今後は、来年6月ごろに第一回目の茶摘みを行い、『天空の茶会』を開催する予定です
                    2020年オリンピック開催にあたり、外国人に向けて、茶会や新茶の天ぷらと日本酒のマリアージュ体験など、日本酒と日本茶の多彩な楽しみ方や文化を伝えていきたいとのこと

                    日本酒も日本茶も、日本の大切な文化。
                    どんどん広めて、残していきたいですね


                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    30      
                    << April 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM