稲の脱穀作業

0

    朝晩は上着やコートが必要になってきました

    さて、11/5(水)に天日で自然乾燥した稲の脱穀を行いました


    足踏み脱穀機を使って籾を取り出します


    取りきれなかったところは手作業で摘み取りました
    見落とさないように気をつけました


    ふるいにかけて籾と藁くずなどを仕分けているところです


    慣れた手つきで作業が進みますが、それでも大人4人で3時間ほどかかってしまいました
    おつかれさまでした

    脱穀作業の合い間に高菜を見に行きました。
    種まきから2週間位で小さい芽がたくさん出ていました

    活き活きとしてますね
    これからの生長が楽しみです


    松山ライム

    2

    連日の投稿になりますが、天空農園も実りの秋を迎えイベントが続いています。
    世間はハロウィンで賑わう10/31(金)、天空農園では松山ライムの収穫が行われました。



    日本で流通するライムの大多数はメキシコ産だそうで、柑橘類の栽培が盛んな松山市では国産ライムの普及を目指し栽培を開始したそうです。
    国産ライムは輸入物に比べると小ぶりで、収穫後比較的短い期間で消費者の手元に届くので、フレッシュな香りを存分に楽しめることが魅力とのこと。





    収穫直後のライムは本当にすがすがしい香りを纏っていました。
    収穫後は屋内でお酒とライムを堪能!



    ライムのパルフェ。
    ちなみにパルフェとは「生クリームをベースに作った軽いアイスクリーム」のことらしいです。



    こちらは銀座 千疋屋様お手製ライムシャーベット入りのライムソーダ。
    ライムの爽やかな香りを存分に楽しめるドリンクです。



    その他、日本酒とライムを合わせたサムライロックやライム果汁入りのポン酢などライム尽くしのテーブルの上はライムの香りでいっぱいです

    松山市の皆様、ご協力いただきました皆様のおかげで素敵な時間を過ごすことができました。
    ありがとうございます。
    10月も終わり、いよいよ今年もあと2か月となりましたね。
    気温もぐっと下がり、慌ただしい季節となりますが皆様ご自愛ください。


    2014年稲刈

    0
      だんだんと涼しくなってきた今日この頃。
      天空農園の稲穂も黄金色に育ちました

      s-s-DSC_0439.jpg

      s-s-DSC_0457.jpg

      そして10月26日(日)には、毎年恒例の稲刈りを行いました。

      s-s-DSC_0451.jpg

      総勢100名の方々にお越しいただきました

      s-s-DSC_0488.jpg

      毎年お越しいただいている方は、もう手慣れた様子で刈っていらっしゃいました


      s-s-DSC_0493.jpg

      刈った稲は、このように干して乾燥させます
      最後は、ご参加いただいたみなさんと記念撮影
      今年もおいしいお酒になりますように・・・

      s-s-DSC_0514.jpg




      そして、10月28日(火)には、京橋築地小学校の生徒さん63名が稲刈りに来てくれました。

      s-s-DSC_0631.jpg

      みんな上手に刈れていました。
      この日は、生徒さんの元気な声に、とても元気を頂きました。
      このお米でおにぎりを作るのが楽しみですね

      賑わう秋の天空農園

      0
        季節はすっかり秋へと変化し、過ごしやすい季節になりました
        しばらく更新が滞っていましたが、その間にいくつかのイベントが行われましたので、一気にご紹介します

        9月15日、大分県竹田市のカボス収穫祭を行いました
        今年もグリーンが鮮やかな『カボたん』登場
        天空農園では、すっかりおなじみのキャラクターです


        収穫の後は、みなさんお待ちかねの食味会
        バーテンダーさんより、カボスを使った日本酒カクテルが振る舞われました


        気仙沼から届いた200匹の秋刀魚には、採れたてフレッシュなカボスをたっぷり搾って


        大分郷土料理も味わいました


        秋の味覚をたっぷり味わった1日でした


        日は変わり、8月に引き続き、再びかわいいおきゃくさまが遊びに来てくれました
        この日は日差しの強い暑い日でしたが、今日も元気いっぱい


        素敵なサプライズプレゼントを持ってきてくださいました
        園児さんトレードマークのオレンジの帽子と同じ色のお洋服を着た、かかしさんです


        とってもかわいい
        なんと、園児さんと先生の共同制作だそうですよ


        雨に濡れたりしないように、大切にしますね
        どうもありがとうございます


        9月22日には、神奈川県秦野市で初めてお茶の栽培をした『高梨茶園』から届いた、『おくみどり』の苗を定植しました
        日本茶離れが進む現状を懸念し、「日本茶をもっと身近に!そして世界に!」を発信するプロジェクト。
        『おくみどり』の『お嫁入り』と称し、秦野市の茶畑から、ここ天空農園にやってきました



        お嫁入りの後は、日本酒と高梨茶園自慢のお茶で乾杯


        色々な種類のお茶をいただきました
        1煎目、2煎目の味の違いを感じたり、日本茶は大好きで良く飲みますが、こんなに深く味わったのは初めてかもしれません


        茶葉の釜炒りも見せていただきました


        静岡県の無形文化財に指定されている『手もみ茶』


        今後は、来年6月ごろに第一回目の茶摘みを行い、『天空の茶会』を開催する予定です
        2020年オリンピック開催にあたり、外国人に向けて、茶会や新茶の天ぷらと日本酒のマリアージュ体験など、日本酒と日本茶の多彩な楽しみ方や文化を伝えていきたいとのこと

        日本酒も日本茶も、日本の大切な文化。
        どんどん広めて、残していきたいですね

        出穂!!!

        0

          お盆が明け、暑さも少し和らいできましたね


          9/5、天空農園では熊本県八代市の「はちべえトマト」を定植しました
          今年で三年目の栽培になります

          スタッフもチャレンジ
          s-決定DSC_0234 (NXPowerLite).jpg
          少し浅めに苗を植え、上から土をかけます

          s-決定DSC_0243 (NXPowerLite).jpg
          最後にお水をあげて完了です

          元気に大きくなってね



          話は変わりますが、小学生の皆さんが植えてくれた稲が・・・!!!
          s-決定DSC_0248 (NXPowerLite).jpg
          「出穂」しました〜〜〜
          たくさんの穂が出ています

          毎年この穂を見ると「もうすぐ秋だなぁ」と感じます
          今年も収穫まであと少しです
          s-決定DSC_0253 (NXPowerLite).jpg


          可愛いおきゃくさま

          0
            先週こちら銀座天空農園に保育園の園児さんが遊びに来てくれました

            初めは慣れない場所に緊張気味だった園児さんたちも、屋上のお花やお野菜に興味津々

            スイカを触ってみたり

            きゅうりを採ってみたり


            芝生に座ってみたり

            都会の保育園で普段なかなか触れ合うことのできない自然を、カラダ全部を使って楽しんでくれていました

            小田農園長も楽しそうです

            小さな可愛いおきゃくさまに私たちスタッフも癒されました
            稲が黄金色に実ったころ、また遊びに来てくださいね


            6月に植えた稲の様子がこちら


            現在約70センチほどに成長しました
            太陽の光をいっぱいに浴びて、ぐんぐん伸びています


            すいかも新しい実をつけていました
            可愛いですね
            またまた成長が楽しみです

            野菜たちは気持ちよさそうに水浴び中

            本日の収穫がこちら


            毎日の暑さにちょっと夏バテ気味の私ですが、時々屋上に来ては自然の力に元気をもらいます
            たまには強い陽射しも気にせず、太陽の光を体いっぱい浴びるのも気持ちがいいものですよ

            梅雨明け!

            0
              7/22、関東地方が梅雨明けしたようです。
              本格的に夏がやってきました

              さて、天空農園では壁面緑化にも取り組んでいます
              そこに、スイカが宙に浮いていました

              落ちてしまわないか心配したのですが、大丈夫なんだそうです

              壁面緑化では、スイカの他にゴーヤ、キュウリ、メロンも次々と実をつけていましたよ

              今年もたくさん収穫できますように。

              さて、小学生が植えた稲は背丈50〜60センチへ生長していました

              今年も順調そうでうれしいです。
              そういえば、小学生は夏休みが始まっていますね いいですねぇ

              ところで、先月植えた「くわい」もあっという間に大きくなっていました

              くわいは田んぼで育つのですね。生長する様子を初めて見ました。

              そして、収穫したスイカとメロンをみんなでおいしくいただきました

              銀座天空農園の近況報告

              0


                沖縄・九州に接近している大型台風の影響が心配ですが、梅雨の晴れ間なのか昼過ぎの銀座上空は綺麗な青空でした。







                6月初旬に植えた苗もすくすくと育っています。
                銀座天空農園では一大イベントである田植えが一段落し、稲の管理に並行して各地の特産野菜の栽培が行われていますので、今回は2つの野菜紹介をしたいと思います。

                1つ目は「馬込半白胡瓜」に続く江戸東京野菜の第二弾、「志村みの早生大根」です。
                6月下旬に種植えを行いました。

                「志村みの早生大根」とは、江戸から見て、中山道板橋宿の先に位置する清水村で作出された特産品で、夏の暑さに強いのが特徴。
                夏に早出し大根として出荷され、べったら漬けに使用されていたそうです。



                こちらは種の写真。



                まだ、ただの土の写真に見えますが、中には種が埋まっています。



                (写真左より)江戸東京・伝統野菜研究会代表 大竹氏、JA東京あおばのお二人と一緒に記念写真をぱしゃり。
                大根といえば冬の根菜というイメージですが、2ヵ月後には収穫するそうですので、大根葉が生えてくるのを心待ちにしたいと思います

                続いて2つ目。埼玉の伝統野菜「くわい(慈姑)」です。



                水を張った畑の中心部に塊茎部分を植えていきます。



                最後に遮光効果もあるシートを被せて完成です



                立派に育ちますようにと願いを込めて、JA南彩・生産者の皆様と一緒に。
                「くわい」は塊茎から数cm芽が出ていて、「芽(目)が出る」という姿から縁起物とされている食べ物。



                2014年も半分を切ったところで、縁起の良い栽培に立ち会えました。
                天の川は見れなかったけれど、良いことありますように



                もうすぐ夏ですね。


                江戸東京野菜と福島の野菜

                0
                  6月9日に2種類の胡瓜の苗を植えました。
                  今回は、福島の須賀川胡瓜と、江戸東京野菜の馬込半白胡瓜です。

                  s-HTF_3154.jpg こちらが、須賀川胡瓜

                  福島県は、全国でも有数の生産地で、夏から秋にかけて出荷する胡瓜の生産量は、日本一を誇っているそうです。

                  s-HTF_3156.jpg こちらは、馬込半白胡瓜

                  半白胡瓜は首の近く上部が緑で、そこから先に向けグラデーションのように白くなることから半白胡瓜と呼ぶそうです。
                  これから胡瓜になるのが楽しみです

                  そして、4月に植えた野菜の収穫をしました
                  まずは、亀戸大根

                  s-HTF_3158.jpg

                  小さめでしたが、辛味が強い大根でした

                  そしてもうひとつは、江戸東京野菜の寺島茄子と、福井の吉川茄子です

                  s-14.6.19茄子 007.jpg こちらが寺島茄子

                  s-14.6.19茄子 002.jpg こちらが吉川茄子

                  吉川茄子は、マルマルしています
                  今晩は、寺島茄子と吉川茄子を食べ比べしたいと思います

                  2014白鶴錦作り 始動!!

                  0

                    不安定なお天気が続きますね
                    晴れていても傘が手放せない毎日です
                    今年は雨が多く、こんなに梅雨らしい季節を迎えたのは久しぶりな気がします
                    雨の朝は気が重いですが、レインブーツで水たまりを歩くのもなかなか楽しいものですよ


                    さて、梅雨入り前の6/4(水)、スタッフによる樽・プランターへの田植えを行いました
                    真夏のような日差しを浴びて、少し動いただけでも汗が



                    立派なお米になりますようにと、1株1株に願いを込めて
                    朝から自然に触れたこんな日は、すがすがしい1日が過ごせそうですね


                    その後は、アロマテラピーサロンやスクールを運営する大工原様
                    (写真 中央)と、岩手県八幡平市のクラリー牧場の船橋様(写真 左)により、ハーブの苗を定植しました


                    ペパーミント、アーティチョーク、ローズマリー、コリアンダー(香草)、ナスタチウムレッド、ジャーマンカモマイル・・・葉に少し刺激を与えると、どれもふんわりいい香り
                    実はこの土、クラリー牧場で作られた馬ふん堆肥なのです
                    気になるところは・・・無臭です
                    馬ふん堆肥で育てると、花も野菜も元気に育つそう
                    そのハーブは、おいしいハーブ酒に変わる予定です
                    ハーブの香りに癒されて、楽しみがまたひとつ増えました


                    昨日まで真夏のような気温だったかと思えば、翌日6/5(木)には関東地方も梅雨入り、今までとは一転、梅雨寒の朝を迎えました
                    梅雨らしいお天気の中、小田農園長による代かき(しろかき)を行いました
                    長靴を脱ぎ捨て、裸足で田んぼへ


                    土で覆われていた田んぼも、水で満たされました


                    土が厚かったため、少々時間がかかりましたが、「その分いいお米が採れるぞ!」と小田農園長
                    これで田植えの準備も万全です

                    田植え当日も雨の予報ですが、お天気が少しでも持ってくれればいいのですが・・・


                    6/7(土) 田植え当日を迎えましたが、朝から土砂降り
                    悪天候にも関わらず、屋上の緑化に関係する方、社員、家族など、100人超の方に集まっていただきました


                    カッパを着ての作業でしたが、楽しく田植えが出来ました


                    そして天空農園のお酒で乾杯
                    お仕事の後のお酒は格別ですね



                    6/9(月)は京橋築地小学校の5年生による田植えの体験授業が行われました
                    小田農園長から植え方を教わり、いよいよ田植えです


                    1歩、土に足を踏み入れた時のみんなの反応は様々
                    とても微笑ましかったです
                    今となっては、なかなか出来ない貴重な体験ですね




                    天空農園では、全てが手作業
                    ひとつひとつ手作業で作り上げることで、作り手の手間や苦労を感じ、より一層、実りに感謝する気持ちが大きくなります


                    梅雨の中の貴重な晴れ間
                    ぬけるような青空が待ち遠しいですね



                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    3031     
                    << July 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM